150坪の築25年中古住宅。驚愕の固定資産税と不動産取得税。

ブログランキング応援お願い致します

こんにちは。王鈴です。

今回は住宅の税金。

ついに我が家にも来ました。

中古住宅を買ったばかりなので、
「固定資産税」と「不動産取得税」の徴収。

大体予想はしてましたが、安かった。

固定資産税「¥54528」

不動産取得税「¥2900」

と、なっています。

スポンサーリンク

中古住宅の固定資産税

築25年中古住宅の家と土地とガレージの固定資産税
我が家は築25年の中古住宅。

土地は約150坪。

建物は55坪と購入時に登記されたガレージがある。

田舎なので結構デカいです。

そして、これの固定資産税が「¥54528」。

内訳は下記。

土地:¥11763

ガレージ:¥2464

建物:40301

建物が一番高いんだ。

土地の評価額がぶっ壊れてますね。

めちゃくちゃ安い。

そう、それもそのはず。

我が家は市街化調整区域なので、都市計画税がかからないので安い。

ちなみに再建築は可能な土地。

その代わり、駅遠いし、徒歩圏は不便ですよ。

車社会で生きてきたので問題ないですが、都会の人には厳しい環境です。

ガレージあってこの広さでこれなら大満足である。

中古住宅の不動産取得税

築25年中古住宅の不動産取得税の通知
家や土地も購入したときに一度だけ払うのが「不動産取得税」

我が家は「¥2900」でした。

大体、軽減税率が適用されるので、そこまで莫大な金額にはなりません。

軽減されているとはいえ、驚きの安さ。

軽減されないと結構すごい金額になるけど…。

1997年4月1日以降に建てられた住宅であれば1200万円が評価額から控除されます。

他にも色々要件あるけど、それはこっちの記事を見てください。

総額2000万。中古住宅購入の諸費用を公開。諸費用の節約方法。購入記⑥
みんなが気になる中古住宅の諸費用。2000万の融資の対し、どれだけ諸費用がかかったのか。その内訳と計算式。 そして、多額の諸費用を節約する方法を超具体的に。実際、僕が購入したときの見積もりなどを掲載しています。

ちなみに、勝手に適用されてました。

不動産取得税の軽減を税務署に問い合わせした結果

手続きが必要かと思い市役所に問い合わせたのですが上記の返答。

11月に取得して、6月に通知がきました。

この金額を見た時はほっとしましたね。

自治体によって違うと思うので問合せはしておいた方が吉。

スポンサーリンク

まとめ

固定資産税については、購入時に不動産屋に確認済みでしたが、
ガレージが登記されたことによっていくら増えるのか不安でした。

結局増えたのは「¥2464」

これ、一年で。ですからね。

中古住宅ってすごいなぁ。

でも、これが市街化区域だと倍近くになるのかな?

便利さとトレードオフみたいな所もあるので、
全部が全部こんなにやすいわけじゃないです。

市街化調整区域は税金安いですが、不便だし、
土地に対していろいろ規制があります。

住宅ローンを組む際も再建築不可だと担保価値が著しく低くなり、
ローンの審査も通りにくいです。

といわけで、市街化調整区域の築25年中古住宅の税金でした。

ガレージ付き中古住宅購入記
「ガレージ付き中古住宅購入記」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました